テーマ:有田

何のお礼?

 有田町のチャイナ・オン・ザ・パークのそばに、小高い丘があり、その上に鉄塔が建っています。  その下には「出ていけ!ドコモ!」の看板が・・・。  今日、そこを通りかかると、異変が起こっていました。  ・・・それは・・・  看板が「ありがとう。感謝」に書き換えられているではありませんか  どう…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

とうふたこ焼

 数年前から、私は「とうふたこ焼」がとっても気になっています。  それを売っているお店は「風来坊」。  ものすご~く失礼な物言いながら、お店はお世辞にも「キレイ」とは程遠い、どちらかと言えば「こぎたない」系です。  場所は伊万里市から有田町に入ったばかりの二ノ瀬というところ。  伊万里方面から行くと、道路の左側にある…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

有田 雛のやきものまつり

 帰りはちょっと遠回りをして、有田に寄ってみました。  その目的は、雛人形  一昨年から少しずつ作られていた「世界最大の磁器製座りびな」の七段飾りが、今年、とうとう完成しました!  現在、ギネスブックに登録申請中らしいです。  このお内裏さまの高さは46㎝、七段飾りでは2m70㎝あるそうです。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

参加賞は・・・

 5月から6月にかけて、有田町のチャイナ・オン・ザ・パークでラベンダーフェアが開催されていましたが、その時に撮影した写真のフォトコンテストがありました。  で、募集要項を見ると、「参加者全員に参加賞アリ!」とのこと。  チャイナ・オン・ザ・パークといえば、深川製磁、ということは、当然、焼物が参加賞のはず!  というわけで、応募して…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今日は満開!

 朝、もりさんにあげるピーナッツを購入すべく、またまたチャイナオンザパークに行ってきました。  先々週はラベンダーがほとんどつぼみだったのですが、花が開いたのか、遠目にも紫色がずいぶんはっきりしているのが分かったので、ハウステンボスの帰りに寄ってみました。   先々週の記事     →http://damudamu.at.webr…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ラベンダーフェア~深川製磁・CHINA ON THE PARK

 今日は久しぶりのにこにこクラブの日。  GWの関係で、2コマ分のレッスンとなり、午後までみっちりお稽古です。  今年の発表会に演奏するという『我做一只小燕(燕になりたい)』を習いましたが、一把・二把と左手を上にやったり、下にやったり。  う~~、難しいです・・・  でも、飾りの音なんかが入って、かっこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

歴史と文化の森公園へ

 ・・・というわけで、今度は「歴史と文化の森公園」にやってきました。  ここは、平成8年(1996)に開催された「世界・焱の博覧会」のメイン会場だったところです。  総面積12haの敷地内に、文化ホールとコンベンションホールを併設した「焱の博記念堂」、イベント広場、冒険の森、憩いの広場、花の森、匠の広…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

ポーセリンパーク・のんのこの郷で同窓会!

 私は年に1回、GWの時期に小学校~中学校時代の友だちと集まることにしています。  で、今年は今日がそのお集まりの日。  これまではウェルサンピア伊万里で集まっていましたが、今年は諸般の都合により、有田町で集まることにしました。  当初、歴史と文化の森公園でお弁当を広げて、私たちはおしゃべり、子どもたちは勝手に遊んで・・・と考…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

もう一つの「世界最大磁器座りびな」

 「世界最大磁器座りびな」はもう一セットあるとのことなので、その展示会場・ヤマトクへ。  有田館のお雛様はしん窯製。  白磁の白さを活かしたお雛様だったのに対し、こちらは古伊万里調の華やかなお雛様です。  伊万里の磁器雛と同じく、こちらも同じ形です。  でも、雪洞や飾り方が違っていて、比較するのも楽しい♪  ちなみに、…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

「有田 雛のやきものまつり」へ

 引き続き、有田にやってきました。  「有田 雛のやきものまつり」のウリは「世界最大の磁器びな」です。  まずは、有田館にやってきました。  ここ有田館では、1996年に開催された「世界・焱の博覧会」で展示されていた、世界初、陶磁器製カラクリ人形を見ることができるんですヨ。  さて、入り口で迎えてくれる…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more