テーマ:

玉名温泉日帰りグルメツアー~みどりでびっくり!編

 14時47分発のリレーつばめ48号のお席は4号車です。  ホームに入ってきた車両が、コンパートメントタイプの席がついた車両だったので、皆、期待に胸膨らましていたのですが、残念ながら、残り半分の、元ビュフェだった席でした。  他の車両よりも足元がゆったりしているので楽なのですが、荷物棚がないのがイタイです。  いつかはあの席に座り…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

玉名温泉日帰りグルメツアー~出発編

 本日はわがシャの旅行です。  駅長おすすめ日帰りグルメきっぷを利用して、玉名温泉に行きます。  小さい子がいる人が多いので、日帰りになりました。  なんだか、孔子廟のおみくじどおりになっているのが気になるなぁ  さて、今日の乗車駅は武雄温泉駅。  2月17日に落成したばかりの新駅舎です。 …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

おっとな買い~(^-^)v

 今日、とうとう買ってきちゃいました  それは・・・『にっぽん列島鉄道紀行』!  私のたびのお供ということで、たびたび登場しているこの本、当初、「九州内の路線だけでいいや~。」と思い、第4巻『豊肥本線 南阿蘇鉄道』、第8巻『久大本線』、第14巻『肥薩線 肥薩おれんじ鉄道』、第27巻『長…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

完成!「今年もランタンフェスティバル!」

 どうして、日帰りなのにこんなことになるのでしょう。  なんと!15件の記事になっちゃいました。  いかんなぁ~、何やってるんだろう・・・。  やっぱり、なにかおかしい  というわけで、2008年のランタンフェスティバルの記事はこちらからスタートです。↓    http://damudamu.at.we…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今年もランタンフェスティバル!~どこもかしこも大渋滞!編

 もう20時になろうとしています。  そろそろ帰らなければなりません。  というわけで、築町電停から乗車・・・こちらもものすごい人だかりです。  来る電車、来る電車、あっという間に満員です。  ついでに、電車もだんごになっています。  こんな景色、めったに見られないなぁとのんきに写真を撮る私
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

今年もランタンフェスティバル!~夜の中華街編

 中島川沿いのランタンを見物した私たち、賑橋から電車に乗り、再び中華街へ。  ランタンに灯がともり、町はいよいよ熱気に満ちています。  あ!金のぶたさん!  去年のメインランタン「猪事如意」は鐵橋に飾ってありました。   去年の昼間の記事↓     http://damudamu.at.webry.info/20070…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

今年もランタンフェスティバル!~夜のランタン編

 寄り道が過ぎました。  今度こそ、本日のメインディッシュです!  まずは、黄色い提灯に映える眼鏡橋です。  橋を渡ると、金魚のランタンが・・・。  とても優雅な泳ぎざんしょ~  アップになるとちょっとまぬけ。  魚シリーズで、「童子抱魚」のランタン。  中国語では「魚…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

今年もランタンフェスティバル!~孔子廟編

 14時から孔子廟で媽祖行列の出発式があるので、それを見に行こう!と言っていたのですが、グラバー園でのんびりし過ぎた結果、すでに15時になろうとしています。  16時から崇福寺で予定されている龍踊りを見に行くにはすこ~し早すぎるし・・・。  というわけで、やっぱり孔子廟に行くことにしました。  で、ここでひとつ誤算。  実は…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

今年もランタンフェスティバル!~グラバー園編

 今日はランタンフェスティバルがメインではなく、Cさんの卒業旅行(?)なので、長崎観光地めぐりもやらなきゃいけません!  というわけで、定番中の定番、グラバー園にやってきました!  動く歩道でずんずんのぼり、旧三菱第2ドックハウスにやってきました。  2階からは長崎港が一望のもと。  ここの前庭の池には丸々と太った鯉がの…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

今年もランタンフェスティバル!~まずは新地中華街&湊公園編

 去年、泊りがけでハラいっぱい楽しんだので、今年は行かないつもりだったランタンフェスティバル、研修生のCさんの卒業旅行(?)にお付き合いして、今年もやってきました。  今日のメンバーはCさん、けふぴ~さま、ともちゃん、そして私の4人。  ともちゃんの「ゆきちゃん号」で8時50分ごろ出発、10時半ごろには長崎到着です。  今…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

やった!当たった!

 と言っても、3億円ではありません。  ・・・っていうか、まだ、抽選、あっていないし  さて、本日帰宅すると、見慣れぬ封筒が届いていました。  う~ん、なぜにここから手紙が???と思いつつ、封を切ると、見慣れた新聞(というか、チラシというか・・・)。  
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

鹿児島スイッチ・・・宴会は天文館・牡丹にて編

 さて、夕食というか、宴会は、幹事の一人が、鹿児島の友達から薦められたという天文館の「牡丹」というお店に行きました。  個人的に黒豚セイロ蒸しが売りの「華蓮」というお店に行きたいとリクエストしていたのに、あっけなく却下。  ま、いいけど。  さて、お店にやってきました。  例の「華蓮」からけっこう近い場所でした。  幹…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

鹿児島スイッチ・・・誕生!南九州市編

 ところで、知覧特攻平和会館に行く時に車を停めた駐車場のそばに、「南九州市」と書いた建物がありました。  「へ~、知覧って南九州市になったんだ~。」とつぶやく私。  すみません、分かりやすいけど、なんだかなぁ~、と思っちゃいました。  さて、特攻平和会館を後にして、鹿児島へと戻る途中、特攻隊員ゆかりのホタル館・富屋食堂の前…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鹿児島スイッチ・・・知覧特攻平和会館編

 お腹がいっぱいになったところで、レンタカー屋さんへ。  なぜか不必要にデカいエルグラントが予約してありました。  まぁ、乗り心地はいいでしょうけど…。  さて、最初の行き先は知覧です。  ナビ付の車なのに、途中、変な狭い道に入り込んでしまう私たち。  いかんねぇ~  スッタモンダの末、15時過ぎ…
トラックバック:1
コメント:4

続きを読むread more

鹿児島スイッチ、・・・米米麦麦の郷土料理ご膳編

 鹿児島に着いたのはちょうどお昼時。  まずは腹ごしらえ、腹ごしらえ。  黒豚トンカツに惹かれて、駅内のサンフレスタにある米米麦麦へ。  ここはいわさきホテルズの系列だそうで、お店のおじさんが、妙にピシッとされています。  さて、みんなはトンカツ目あてに入ったのに、フライ系があまり得意ではない私。  さらに、6月の…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

鹿児島スイッチ、・・・が入ったわけではなく編

 相も変わらず旅行づいています。  さて、今回は鹿児島。  同期会の旅行です。  積立てしているため、目に見える出費がなく、気は楽です。  今朝は7時50分に伊万里駅集合。  8時ちょうどのMRに乗車です。  8時25分に有田駅到着後、8時35分のみどり6号に乗り換えます。  鳥栖駅には9時39分到着。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

青春18きっぷの旅、完成!

 毎度毎度、長々とした旅行記を書いていますが、「青春18きっぷの旅」が本日完成しました。  またまた長いです。  合計23。  甲子園ネタは17、うち「だーむー、甲子園へ行く」は12だから、移動が少ないと、記事は減るってことでしょうか。  まぁ、高校野球観戦だから、そんな詳しくは書けないわけで・・・。  すっかり止まっ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

青春18きっぷの旅~楽しかった~!編

 立野駅では、ひやひやしながら13時31分の肥後大津行きの列車に乗車。  列車はぐんぐんと標高を下げ、13時43分、肥後大津駅に到着しました。  ここで、13時45分の熊本行きに乗り換えです。    ここでの乗り継ぎ時間も、2分間と短いのですが、向かい側のホームなので、立野駅の乗り換えのような心配はありません。  ふ~…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

青春18きっぷの旅~レールバスは早いなぁ編

 帰りのレールバスの中では、風景をめでつつ、お弁当をむしゃむしゃ。  ゆうすげ号のようにはいきませんが、この車内でも、見どころにさしかかると、運転手さんによる案内のアナウンスが流れます。  一番ウケたのが、立野橋梁手前でのアナウンス。  「・・・ここからは素晴らしい眺望が楽しめます。せっかくの眺めですが、列車運行の関係で、…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

青春18きっぷの旅~南鉄トロッコ駅弁当編

 13時1分のレールバスは、立野に向かい、ゆうすげ3号に乗ってやってきた道を引き返します。  さて、本日のお昼ご飯は、南鉄トロッコ駅弁当です  「阿蘇特産の高菜おにぎり弁当」「地鶏の炊き込みおにぎり弁当」「大好評一口いなり弁当」の3種類があり、どれも400円。  これは安いです!  HPには…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

青春18きっぷの旅~高森駅編

 12時42分に高森駅に到着した私たち、このまま13時1分のレールバスで立野にとんぼ返りです。  本当なら、高森湧水トンネル公園あたりを見物したいところなのですが、青春18きっぷの旅ではムリ!  また、いつの日か・・・。    →http://www7.ocn.ne.jp/~takamori/00202yuu.htm  …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

青春18きっぷの旅~ゆうすげ3号の車窓から編

 11時45分に立野駅を出発したゆうすげ3号は、いきなりクライマックスを迎え、さきほど見物してきた立野橋梁にたどりつきます。   →http://damudamu.at.webry.info/200709/article_20.html  橋は現在、塗り替え中とのことですが、橋の上からの眺めは問題なし。  谷から吹き上げてくる…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

青春18きっぷ~ゆうすげ3号編

 ゆうすげ号は南阿蘇鉄道のトロッコ列車です。  17.7kmの道のりを、普通のレールバスが30分ぐらいで行くところを、約50分かけて、のたのた走ります。  さて、こちらが前から見たところ。  そして、後ろから見たところ。  そう!前後に機関車がついています。  座席は小さなテーブル付です。  けっこう狭く…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

青春18きっぷの旅~立野駅編

 内牧駅を10時35分に出発した列車は、阿蘇五岳を左手に、外輪山を右手に見ながら、立野に向かって走ります。  う~ん、この天気が何とかもってくれたらいいんだけど・・・。    さて、赤水駅から瀬田駅間は、立野駅をはさんでスイッチバックとなっています。  その様子は、「JR九州20周年記念 スタンプラリー20のたび~立野スイッ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

青春18きっぷの旅~内牧駅編

 今日の出発点・内牧駅です。  なんだか懐かしい雰囲気の駅舎です。  中に入ると、売店があります。  「名誉駅長指定駅」らしいですが、この売店の方がそうなのでしょう。  駅舎内でご商売をなさっているせいか、けっこう手入れがされているなぁと感じました。  なんだか雲が重くなってきているのが気になります。  …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

青春18きっぷの旅~湯巡追荘を後にして編

 天気予報では、9月1日はくもり、2日は雨ということで、「う~~、なんで~?先週まではあんなに天気がよかったのにぃ~!」とうめき続けていた私。  昨日も、午後からぽつりぽつりと雨粒が落ちてくる天気。  でも、お風呂に入っているときに、星が見えていたので、もしかして!!!と淡い期待を抱きつつ、就寝  一夜明…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

青春18きっぷの旅~湯巡追荘は大忙し!編

 本日のお宿は内牧温泉の湯巡追荘。  予約時に内牧駅までの送迎をお願いしていたので、私たちの到着にあわせて、宿の方が迎えてくださいました。  内牧駅から湯巡追荘まで約4km、車で10分ほどの道のり.  19時ごろ到着です。  宿に着くと、フロントで浴衣などを受け取って、お風呂やフロント周辺のサービスの説明を受け、部屋へ。…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

青春18きっぷの旅~宮地駅から内牧駅へ編

 宮地駅で本日最後の乗り換えです。  ここで約10分の待ち合わせ。  周りも薄暗くなってきたので、駅舎には電気が灯っています。  今日、最後の列車は18時39分発の熊本行き。  これに乗って、本日のゴール、内牧駅に向かいます。  途中、阿蘇駅で夏目漱石の小説、『二百十日』にちなんだ「二百十日祭」ののぼりを発…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

青春18きっぷの旅~豊後竹田駅から宮地駅へ編

 豊後竹田駅を出ると、波野駅の先までの20kmにわたり、25‰の急勾配が続いているんだそうです。  列車は小刻みに右カーブ、左カーブを続けながら登っていきます。  さすがにスピードが落ちています。  さて、大分県最後の駅は豊後荻駅。  けっこう大きな駅舎です。  トマトが特産なのでしょう、駅舎の上の方にトマトマークがつ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

青春18きっぷの旅~三重町駅から豊後竹田駅編

 三重町駅周辺は思いのほか“まち”だったので、びっくり!  標高129mで、けっこう山の中にはいってきたところなので、まさかこんなまちがポンとあるとは思いも寄りませんでした。  かつて、日向街道の宿場町として賑わっていた町で、大分から延岡にぬける最短ルートでもあるそうです。  さて、ここでの乗り継ぎ時間は3分。  宮地行…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more