テーマ:ごはん

新年会(於 魔女のフライパン)

 本日は仕事関係の新年会で、有田町は「魔女のフライパン」へ。  何年ぶりかな~、メニューが豊富なお店なので楽しみ  でも、今日の参加人数は20人を越えるはず、貸切?  それとも、ま、まさか・・・この寒いのに、テラス席っていうのはないよなぁ~と一抹の不安を抱えつつ、お…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ラ・カスカドゥ」のお食事券

 今日、帰ってみると三越からの手紙が届いていました。  友の会の会報でもないし・・・と思いながら眺めているうちに、ふとひらめくものが・・・。  あぁ~っ!!何か当たったんだ  急いで封を開けると、中から出てきたのは、西鉄グランドホテルのフランス料理レストラン「ラ・カスカドゥ」のお食事券! …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

豪華(?)に吉兆

 本日は、バーゲンを覘きに福岡へ。  私はでっかいので、トールサイズでないと、なかなか服が合わないのです  さて、福岡に着いたのはお昼時。  あんまりお腹が空いていないので、大丸のくくるでたこ焼き食べようかなぁ~♪と思ったのですが、長蛇の列!  う~、時間がかかりそう・・・。  ふと見ると、吉兆・K…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

下町の洋食・時代屋で新年会

 今日は今年最初のにこにこクラブのレッスン日です。  ・・・が、昨日の夜更かしがたたって、寝坊しちまいました・・・。  Mさんからは、「だーむーさん遅れても、(いつものことだから)気にしないし。」と言われました。  反省。  で、レッスンが終わってから、三川内の「時代屋」に移動。       これは食後の写真なので…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

歓送迎会

 本日は職場の歓送迎会。  あぶり屋 喜(きら)・・・本当の字は「七」を三つ、「森」の字のように重ねた文字です。  120分間・食べ放題・飲み放題のプランで4200円!  みんな、がんばって飲み食いするように!  で、最初にテーブルにセットしてあったのは、あぶり焼のセット。  ダチョウの肉ものっているんだそうな・・・。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ピエトロでごはん

 さて、Y電機を後にした私たち、晩ごはんを食べに行くことにしました。  とはいっても、1月2日、開いているお店はほとんどありません。  まずは第1希望・ハンバーグがおいしい「祭太鼓」へ。  みごとに真っ暗。  「大連餃子」も、昨夜、叢おとーさんから「明日の昼、伊万里温泉に行こうと思ってるけど、開いとるかな?」と謎の電話があっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あけましておめでとうございます!

 ・・・というわけで、初詣から帰った私はそのままこたつで爆睡  3時半ごろ入浴し、朝5時ごろ就寝。  そして、次に目覚めたのは9時ごろでした。  さて、お正月の朝といえば、お屠蘇とおせち。  ・・・が、去年母は、お屠蘇のことをすっかり忘れていたらしく、明け方、騒いでいましたっけ。  で、私たちがお…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

ライおンででな~♪

 11月下旬、由布院総合観光事務所の局長さんから、12月4日に「由布院おもてなし委員会」のみなさんが視察で伊万里にいらっしゃる、とのご連絡がありました。  で、昼食にステーキを食べたい!とのことだったので、いくつかお店を選び、メニューを取り寄せてお知らせしました。  このメニューが曲者で、見ただけで「た、食べたい!」モードに突入…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ホテル日航ハウステンボスのランチ♪

 今日はにこにこクラブの後、かよちゃんと待ち合わせをして、またまた『ヴェネツィアン・ビーズとコスチューム・ジュエリー展』に行く約束です。  で、お昼はホテル日航ハウステンボスのランチバイキングに行きました。  12月のテーマは「森の恵みと大地の贈り物」です。  メニューは   ・サーモンとオレンジのサラダ   ・りんごとク…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

太宰府・久住・阿蘇のたび~阿蘇ファームランド編

 私たちはシェ・タニから、大観望へ。    大観望は海抜936m、外輪山の北側に位置し東には久住山、大船山、南に阿蘇五岳(根子岳、高岳、中岳、鳥帽子岳、杵島岳)が眺められます。  ここから眺める五岳は、お釈迦様の涅槃像に見えるのですが、あいにくの雨、周りは霧で真っ白です。  天気がいいと、すか~っとする景色が見られるのですが、残…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

太宰府・久住・阿蘇のたび~宝泉寺温泉の朝編

 今朝は、九重“夢”大吊橋に行くため、8時出発予定です。  6時に起きて、朝風呂にはいり、7時半から朝食です。  温泉卵の左斜め前にあるのは飲むヨーグルトです。  う~ん、朝からお腹いっぱい・・・。  食後はすみやかに出発ということで、荷物をまとめて玄関へ。  雨でもみじが散っています。  スギ苔が綺…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

太宰府・久住・阿蘇のたび~お宿久月の晩ごはん編

 さて、18時ごろ宿に戻り、しばらくすると「お食事です。」と仲居さんが案内してくれました。  夕食は宴会場「花水木」にて。  お子様ランチです。おいしそう。  では、大人のお料理です。  食前酒・山葡萄酒、先付・チーズ豆腐、前菜・サーモンオイル漬け、紫芋ライスペーパー巻き、丸十みつ煮、零余子他。  チー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

山暖簾にお泊り!~朝デス編

 昨夜は、入浴後、買い込んできたお酒・おつまみを広げて大宴会(?)  女性が10人もいれば、話は尽きることなく、夜中の12時をまわったころにようやく解散。  朝は、もちろん朝風呂!ってことで、7時前に起床です。  お部屋編(http://damudamu.at.webry.info/200611/article_20.html…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

山暖簾にお泊り!~宴会編

 さて、お楽しみの夕食です。  今回はちょっぴり贅沢して、山暖簾会席をお願いしました。  まずは前菜。  秋の彩りで、見た目にも美しい。  もちろん、味の方も!  奥のゴマ豆腐のあんかけは、ごまの甘みがあっておいしかったです。  続いて、お造り&土瓶蒸し、そうそう、食前酒は梅酒でした。  お造りは福島町の車…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

阿蘇のたび~恐るべし!九重“夢”大吊橋編

 シェ・タニを出たのが17時過ぎ。  九重“夢”大吊橋の終了時刻は17時だから、九酔渓を通って、九重ICから帰っても大丈夫やろ~と思い、走り出しました。  9月6日に通った時は、右も左も霧に包まれていましたが、今日は視界良好です♪  つ~つらつ~といい感じで走っていましたが、飯田高原を通りすぎるあたりから、すでに渋滞がぁっ!!…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

阿蘇のたび~明神そば編

 さて、開運館でのんびりし過ぎた私たち。  間もなく14時です!  昼ごはんは近場で、「明神そば」というお店に行くことにしました。  ここは、明神池名水公園のそばにあります。  明神池は郡塚神社境内にあり、子宝に恵まれる誕生水としても有名らしいです。  旧白水村は、「水の生まれる里」の別名もあるほどの名水の里です。  こ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

阿蘇のたび~高原の家・ノアの朝編

 さわやかな朝です!  オーナーさんのお話によると、この状態は「雲海が出ている」んだそうです。  近場では草千里の展望所に行ったら見えるとのことでしたが、それを聞いたのは朝食後で、ぎりぎり間に合うかな~という時間帯だったことと、今回の目的地から離れてしまうので、次の機会に・・・。  さて、起きたのは7時ごろ。  ぼ~~~…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

阿蘇のたび~さぁ、出発!編

 はい、またまた遊びに行きます。  今日はhisuimikan嬢とお約束していた「石屋さん」ツアーの決行日なのです。  今月は大変なんですよ~。  来週は去年の組合の役員解散旅行で佐世保市の山暖簾へ、再来週は職場の親睦旅行で久住~阿蘇へおでかけなのです。  来週の山暖簾は本当は12月にしてほしかったのですが・・・。  身体…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北京のたび~大連から福岡、そして伊万里へ編

 さて、再び飛行機に乗りました。  今度は本当に中国とお別れです。  あ~、楽しかったなぁ~、でも忙しかったなぁ~、もっと遊びたかったなぁ~。   さて、12時ごろ機内食が出ました。  真ん中奥の白い物体はケーキです。  機内食は昔にくらべればずいぶんおいしくなりましたが、このケーキはびみょ~でした。{%naku_a%…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北京のたび~梅府家宴でお食事・お料理編

 本日のメニューです。  当然ながら、ちゃんと筆で書いてあります。  そうか、今日は旧暦の8月30日なんだ~、かっこいい・・・  お茶は江蘇省出身の梅蘭芳氏にちなみ、菊茶をたのみました。  お茶が注がれてしばらくすると、待っていましたとばかりにお料理が運ばれだし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北京のたび~梅府家宴でお食事・建物編

 さて、最後の夕食は「梅府家宴」です。    こちらをどうぞ♪→http://damudamu.at.webry.info/200610/article_6.html  18時に予約をしていたので、17時半前にホテルを出ることにしました。  今回の旅行で食事を予約したレストランは、ことごとく「場所が分かりにくい」とのことでした…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

北京のたび~頤和園碼頭餐庁でお食事編

 この船着場周辺にはこれといって食事ができそうな所が見当たらないのですが、切符売場の隣に茶館があったので、ちょっとした食べ物は出るかなぁと思い、売場の人に尋ねました。  すると、「そっちは食べ物はないよ。食事ならあっちの食堂にどうぞ。」と言われました。   というわけで、こちら、頤和園碼頭餐庁に入ります♪  う~ん、簡単な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北京のたび~長城脚下的公社のでな~編

 今回、見学させてもらえたのは大通鋪(The Shared House)と双兄弟(The Twins)だけで、お目当ての竹屋(Bamboo Wall)で、canalさんのように「吉永小百合になる!」が夢に終わってしまい、がっくり。    →http://blog.kansai.com/canal/164  ま、でも、けっこうおもしろ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

北京のたび~厲家菜・お料理編

 こちらの料理は、すべてコースになっていて、お値段は200元(=約3000円)よりとなっています。  「東京なんちゃってグルメブログ」を書いていらっしゃるGinaさんに尋ねたところ、ブログに掲載されている料理は200元のものだということなので、私たちもそれにしました。   →http://travel.web.infoseek.co…
トラックバック:2
コメント:2

続きを読むread more

北京のたび~厲家菜・建物編

 故宮から一旦、ホテルに戻り、食事に出かけます。  戻るときは、神武門のあたりでは、停車できないのか、なかなかタクシーがつかまらず往生しました。  さて、本日のでぃな~は、お待ちかねの厲家菜。  どんなお店なのかは、こちらをご参照くださいませ。    →http://damudamu.at.webry.info/200609…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

北京のたび~桂公府・お料理編

 お待ちかねのお料理です。  ここの特徴は茶葉料理です。  いくつか決めた後で、「他にお勧めは?」と尋ねたら、すかさず茶葉料理のページを開いて、「これとこれなんかいかがですか?」と言われ、結果的にそのページはすべて注文した格好になりました。  まずは、「陸羽煮茶」。  牛肉をピリ辛ソースで炒めたもので、これにもこっそりお…
トラックバック:1
コメント:6

続きを読むread more

北京のたび~桂公府・建物編

 住宅用のビルが建ち並ぶ中に、ぽこりと桂公府はあります。    朝陽門南小街から大方家胡同に入って、最初の角で曲がったらすぐの場所にあり、電信柱にこっそり「桂公府」と書いた看板がついています。  「北京の青空-今日お空見える?」のけいさんからいただいたコメントによると、迷いやすい場所のようだったので、ちょっと心配していましたが、タ…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

北京のたび~あさごはん♪編

 朝はホテル2階のレストランでお食事です。  ここのレストランはあまり広くないので、8時ごろから8時半ごろは大混雑します。  21日の朝などは、あっという間に35人のお客さんが並んでしまいました。  そんなときは、状況によりレストランのそばの小部屋に案内されます。  でも、やっぱり不便ですな。  と、いうわけで、朝食3…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北京のたび~大董 火考 鴨店編

 さて、お料理です。  まずは、前菜。  「爽口盤 糸糸 卷」(22元)  冬瓜を細切りにしてカラシ味でととのえてあります。  かなり鼻につ~んときます。  下に敷いてある赤いものは海藻です。  左が「脆爽松菜蕊」(10元)  白菜と揚げた小エビを酢で和えてあります。  さっぱりした中に、カリカリとしたエビの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北京のたび~今日のでなーは北京ダック編

 夕食は北京ダック!  北京ダックと言えば全聚徳でしょう!というわけで、前門のお店へ直行!  ・・・でも、なんだか様子がおかしい。  あぁっ!!営業時間が20時15分までになっているぅぅ!  入り口で確認したところ、「終了」の一言。  他の支店も「多分、終了」だそうです。あぁ・・・。  仕方がないので、あわてて『地球の迷…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more