あてどなく上海~再び、地下鉄に乗車編

 上海宝大祥青少年児童購物中心を満喫した私たち(←“私”?!)、今度は上海書城へ・・・と思ったのですが、なんせ朝から動きっぱなし。
 へとへとになって、そばの公園で一休み。

 ここでお茶でも・・・となりそうなところですが、けちんぼの私たち(?)は、ちょっと腰掛けて、持参のミネラルウォーターをぐびぐび。
 もうすぐ5時になるし、荷物も重いので、本屋は明日に回して、一旦ホテルに戻ろうと話がまとまりました。
 本当に、あてどないたびです

 そんなわけで、再び人民広場駅にやってきました。
 今度は赤いラインの1号線です。

 さきほどは気づいていませんでしたが、到着列車の案内は、液晶モニターで行われています。
画像

 すっかりテレビだと思い込んでいました。
 それにしても、5本先の列車まで案内する必要があるんでしょうか。

 夕方になったせいか、それとも、ふだんから単純に2号線よりも1号線の方がお客さんが多いのか不明ですが、地下鉄の中はけっこう混みあっています

 で、黄陂南路駅に到着です。
画像

 では、いざホテルへ!と思いながら改札を出たところで、私は大変なことに気づいてしまったのです!!

 実は、「南路」は「南路」でも、私たちが降りるべき駅は、「陜西南路」駅だったのでした。
 ふと「地図を確認した方が・・・。」と思っていたくせに、「間違えない!レッツゴ~」と行っちゃったのがマズかったのです

 仕方なく、もう一駅分きっぷの買いなおしです
 結果、(3元+3元)×2人=12元(=約192円)もかかっちゃいました!
 ・・・「も」なんてつける金額じゃないのでは・・・と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、タクシーの初乗りが11元(=約176円)なので、当然の反応ざんす!

 そんなことをしながら、ようやく陜西南路に到着。
 でも、このまま帰るわけにはいきません。
 お水を調達しておかなければ・・・!!

 私は過去数回、腸炎をやらかしていて、帰国するなり入院したり、寝込んだりしているので、口をゆすぐ水からミネラルウォーターを使うことにしています。
 ・・・私は、というよりも、ぎんたが、ですが・・・。
 ぎんたは私と違って、とっても慎重です。
 私たち二人はのんびりガイドさんと慎重お客さんで、けっこういいコンビなのかもしれません。
 なんせ、30年以上のつきあいですから

 と、いうわけで、駅を出た私たちは、スーパーorコンビニがないか探して回りました。
 が、食料品売場があるに違いない!と踏んで入ったデパートは、いわゆるファッションビルだったらしく、どこにも食料品が見当たりません。
 仕方なく、淮海路沿いを歩き、ようやく見つけた屈臣氏(ワトソンズ)で、400ml1元の蒸留水を購入し、やっとこホテルに戻ったのでした。

"あてどなく上海~再び、地下鉄に乗車編" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント