歴史と文化の森公園へ

 ・・・というわけで、今度は「歴史と文化の森公園」にやってきました。

 ここは、平成8年(1996)に開催された「世界・焱の博覧会」のメイン会場だったところです。
 総面積12haの敷地内に、文化ホールとコンベンションホールを併設した「焱の博記念堂」、イベント広場、冒険の森、憩いの広場、花の森、匠の広場などの施設があります。
  →http://www.town.arita.saga.jp/

画像

 ちなみに、この噴水のモニュメント「花炎」は、故岡本太郎氏の遺作です。
 多分、亡くなってしばらくしてから設置されたんじゃなかったかなぁ。
 いつ見ても、手のひらを上に向けているように見えるのは私だけでしょうか??

 ひろ~い芝生の広場があって、いい気持ち!
画像

 さらに奥に行くと、木製の遊具や砂場などがあり、子どもたちは大喜びです。

 一番大きいのは6年生の男の子、次が5年生の女の子。
 おもしろいのは、女の子は大きい子が小さい子の面倒を見ながら、一緒に遊ぶのに、男の子は案外、それぞれに遊んじゃうんですね。
 そんな観察をしていると、けっこうおもしろかったです。

 さて、ひとしきり遊んだところで天気予報どおり、雨が降り始めたので、ひどくならないうちに帰ることにしました。
 子どもたちはまだ遊び足りない様子。
 また、来年、みんなで来ようね!

 帰りは友だちのひとり・・・というよりも、子どもを入れて4人を上有田の家まで送りました。
 有田町内は陶器市で通行止めになっているので、バイパスを通ったのですが、途中、けっこう渋滞。
 う~、だから陶器市期間中の有田ってきらいなんだよ~。
 次回は、秋にするかなぁ??

   一緒に遊んだおきまゆちゃんの記事ダス
     →http://okimayu.blog51.fc2.com/tb.php/30-992a5720

"歴史と文化の森公園へ" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント