今年もランタンフェスティバル!~四海樓でランチ編

 さて、混まないうちにお昼を・・・と思い、江山楼方面をのぞくと、ものすごい行列・・・。
 去年も、18時ごろの時点で「本日の受付は終了しました。」だったもんなぁ~。
 →http://damudamu.at.webry.info/200703/article_8.html

 と、いうわけで、ちょっと場所を変えて、四海樓に行くことにしました。
画像

 かっこいいですね~。
 故宮みたいです。
 
 龍のレリーフのはしっこのほうには、もうすぐ龍になる鯉たちの顔も見えています。
画像

 芸が細かい・・・。

 しか~し、私たちのヨミは甘すぎました。
 ここもなんと!30分待ち。
 エレベーターにぎゅうぎゅうと押し込まれ、5階のレストランにたどりつくと、大変なひとだかり!
 う~~、仕方がないか、ここで待とう!ということになり、名前を記入。
 「順番が来たときに、その場にいなかったら、並びなおし」とのことだったため、とりあえず、2階の「ちゃんぽん博物館」へ。
 なんてったって、ここはちゃんぽん発祥の店なんですから!
   四海楼HP→http://www.shikairou.com/index.htm

 でも、ここで30分もつぶせるはずもなく、お客さんの状況を見るため、上に行ったり、下に行ったり・・・。
 ふと、看板を見ると、いつの間にやら、「60分待ち」になっています。
 恐ろしい・・・。

 3回目ぐらいにようやく、前のお客さんが5組ぐらいになったので、全員集合。
 ここは長崎港や稲佐山が一望できる広い窓を持つ展望レストランなので、ぜひとも窓際の席に・・・と思っていたら、窓のない、壁際の席に案内されました。
 がっくり

 気を取り直して、注文、注文っと・・・。
 でも、多客期ランチメニューなのか、あんまりぱっとしたメニューがありません。
 う~~、こんなに待ったのに・・・。

 とりあえず、前菜2種盛です。
画像

 なかなかおいしいんだけど、高い・・・。
 これで1365円もするなんて!  

 それから、私の希望でハトシ。
画像

 エビのすり身を食パンではさんで揚げたものです。
 「蝦吐司」「合吐司」の音をそのまま日本語にしたらしいです。
 これ、けっこう好きなんです

 で、本日のメインディッシュは、復刻版ちゃんぽん。
画像

 
 おいしかったのですが、一昨年、団体旅行で食べた時の方がおいしかったような気が・・・。
 クリーミーな味わいなのですが、ちょっぴり物足りない・・・。
 辛いもの好きのCさんは、唐辛子とラー油をどっちゃり入れていました。
 それはそれで、どうかと思いますが・・・。
 
 期待していただけに、なんとなく、割り切れない思いを胸に、再び、街に向かう私たちでした。

 おまけ
 四海樓のお手洗いはけっこうかっこいいんです
 
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2008年02月17日 22:25
「四海樓」以前、長崎に遊びに行ったとき従兄弟の案内でお昼を食べにここを訪れたのですがその時もあいにくながら1時間以上待ちだったので別の庶民的な食堂でちゃんぽん食べました。
さすが、高級レストラン値段も高級なんですね。

それと、おまけのお手洗いとてもお洒落ですね。
現代版「手水鉢」みたいだと思いました。
2008年02月17日 23:22
四海樓は建物も豪華です。
ここのトイレは本当にかっこよくて、感動的です♪
黒い四角い石のあたりに手をかざすと、ざ~っと水が流れて、とってもおしゃれです^^
2008年02月18日 21:48
四海樓、いつも素通りばかりで入ったことがありません。何しろ、敷居が高そうで。チャンポン博物館とは面白そうですね。博物館好きの血が騒ぎますねえ。
お手洗いは本当にCOOL!
2008年02月18日 23:15
ちゃんぽん博物館はけっこう、というか、かなりこじんまりしています。
念のため・・・^^
ところで!ここのお手洗いは本当にかっこいいです!
ついつい撮影してしまいました。(←よくやるくせに!(笑))

この記事へのトラックバック