イノシシすき焼き!~筥崎とろろ

 今日はおきまゆちゃんと、福岡の「筥崎とろろ」にやってきました。
画像

 お目当ては、イノシシのすき焼き!
 昼間っからねぇ
 だって、時間がなかったんだもん。

 さて、なぜにイノシシかというと、福岡県の企画で、イノシシ&シカの試食会があっているのです。
http://www.pref.fukuoka.lg.jp/wbase.nsf/6c9a71a4173c52654925708800166775/f2c830bd03df7053492573d8001f5972?OpenDocument
 駆除されたこれらの動物の肉を、有効に活用しよう、という取り組みだそうです。
 去年の年末、佐賀県内でも同じような企画があったのですが、機会に恵まれませんでした。

 ここのお店は古い民家を利用したお店で、なんだかなつかしい雰囲気。
画像


 おきまゆちゃんが予約しておいてくれたので、すぐに鍋が運ばれてきました。
画像

 ここのすき焼きはちょっと変わっていて、卵に自然薯のとろろを入れていただくそうです。
 イノシシの肉は、脂がどんっ!とついているようですが、赤身は脂がほとんどないらしく、どちらかといえばパサパサとしています。
 が、このとろろが肉にからまって、滑らかな舌触りに。 
  
 こちらでは、和牛のすき焼きを注文した場合は、イノシシ肉の追加が、イノシシのすき焼きの場合は、イノシシ肉の甘辛煮が試食用に出されることになっています。
画像

 こちらは、やはり、パサパサ感があります。
 が、そぼろみたいに、ご飯にかけるとおいしい感じです。

 シメは、ゆずのシャーベット。
画像

 ガッツリ食べた後には爽やかでGOOD!でした。

 ちなみにこのイノシシのすき焼きのお値段は3,500円より。
 豪華な昼食でした。
 こちらは他にも、とろろご飯セットなど1,000円ぐらいから食事ができるようですヨ。

 それにしても、「天然」イノシシとありましたが、あれだけ被害が出ているところをみると、わざわざ「養殖」する必要もないような気がするのですが・・・。
 獲る人が少なくなっているから、たくさんいても、「天然」を準備するのが大変ってことなんでしょうかね~?

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2008年02月24日 21:52
猪肉ですねぇ・・・自分の親父の友人が猟師をやっていて時々駆除目的で仕留めた猪の肉をもらってきてます。
実家では猪肉を味噌仕立ての猪鍋にして食べます。
猪肉って獣臭いような感じがするんですけど意外にあっさりしていてブタよりも臭みがないんですよね。
しかも、こうしてお店に出されてると結構良い値段で料理に出されるんですね。
2008年02月24日 22:55
イノシシはむか~しどこかのイベント会場で、ボタン鍋を食べたっきりです。
そのときはほんの少ししか入っていなかったので、こんなに食べたのは初めてです。
こちらのお肉はぜんぜん臭みがありませんでした。
いかに血抜きなどを手早くやるかにかかっているそうですね。
お値段は・・・確かによいお値段でした^^
あ、でも、とろろも自然薯なので、そちらのお値段も含まれていますし・・・ね。
2008年02月27日 23:22
猪ですか。
大分で、ラーメンに猪の肉をチャーシューの代わりにトッピングしている店がありました。
それに、レトルトで売っていた猪カレーを買ったことがあります。
2008年02月29日 23:08
桃源児さん、イノシシを使った食べ物もいろいろとあるものですね。
お味はいかがでしたか?

この記事へのトラックバック