青春18きっぷの旅~レールバスは早いなぁ編

 帰りのレールバスの中では、風景をめでつつ、お弁当をむしゃむしゃ。
画像

 ゆうすげ号のようにはいきませんが、この車内でも、見どころにさしかかると、運転手さんによる案内のアナウンスが流れます。

 一番ウケたのが、立野橋梁手前でのアナウンス。
 「・・・ここからは素晴らしい眺望が楽しめます。せっかくの眺めですが、列車運行の関係で、素通りいたします。」
 ・・・
 いともあっさりと橋を渡ってしまいました。
 
 やっぱり、南阿蘇鉄道を観光で利用される方は、ゆうすげ号に乗車なさったほうがいいようです

 さて、レールバスは13時27分に立野駅に到着。
 次は13時31分の肥後大津行きに乗らなければなりません。

 小銭をにぎりしめ、急いで下車しなければ!!!とあせる私たちの目の前に立ちはだかる親子連れの列。
 のんびりと荷物をおろし、小銭を出しながら、狭い通路をふさいでくれちゃっています
 「お願いやっけん、のけてっ」という言葉をごくりと飲み込み、「すみません、通してください。」と冷静に(?)言って、強行突破。

 とりあえず、一人でも先に行かなきゃとばかりに、JR線のホームへ駆けだします。
 おぉ~、もう来てるじゃん!
画像
 
 ふと後ろをふりかえると、いくちゃんの姿が・・・あぁ~~っ!階段登っちゃダメ!!!

 大声で呼び戻し、二人とも無事に乗車。
 今回の旅で一番ヒヤヒヤした乗り継ぎでした。 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2007年09月17日 21:56
南阿蘇鉄道の車両はまさにレールの上を走るバスみたいですよねぇ。
JRに比べて車両の長さが短いし、運賃収集もバスと同じですし(あっ!MRも同じですけど)・・・
それと、レールバスを降りるときのハプニングというか混雑ぶりに焦る気持ちよ~くわかります。
本当にその時は「降りる準備ぐらい早めにしろ!」って言いたくなります。
でも、旅が終わったときにはこれも良い想い出にかわったりするんですよねぇ。
2007年09月19日 00:48
そうですね、無事に乗り継ぎできたので、笑い話ですが、乗り遅れていたら…多分、まだイカってますよ(笑)

この記事へのトラックバック