JR九州20周年記念 スタンプラリー20のたび~黒福多の豚軟骨鍋!編

 「黒田、デカ長が呼んでいるぜ・・・くろだ、デカ長が呼んでいるぜ、黒豚横丁が呼んでいるぜ・・・鹿児島スイッチ、入っちゃった。」
 というわけで、今夜は黒豚料理を食べに行くことにしました。

 鹿児島は今、「黒」で売り出し中。
 「鹿児島黒毛牛」「黒潮の幸」「黒酢」「黒糖」「黒ゴマ」そして「黒豚」。
 ガイドブックによると、「黒豚は中国から琉球経由で西南諸島から伝わったのがルーツ。サツマイモを加えた天然飼料を与え、通常の1.3倍の期間をかけて育てるため、肉がやわらかく、脂はしっとりと甘い。」らしいです。

 で、やってきたのは「黒福多」。
画像

 色々迷ったんですよ。
 そば好きな私としては、「いち、にい、さん荒田本店」のそばつゆ仕立ての黒豚しゃぶ、鹿児島県経済連の直営ショップ「華蓮」のせいろ蒸し、「自然地料理 黒豚 万馬」の豆乳しゃぶしゃぶ・・・どれもおいしそう!!
 でも、ご家庭で一番作るのが大変そうな、「黒福多」の豚軟骨鍋に決めちゃいました。

 お店に着いたのは20時半過ぎというのに満席。
 ちょうど会計を済ませた人たちがいたので、テーブルの片付けがすむまで、外のベンチでしばらく待機。

 さて、このお店は、JR九州のパンフレットについていたクーポン券で「黒豚コロッケ」を1個サービス。
画像

 おイモは紫イモ!
 外側はサクサク、ほんのり甘いコロッケです。
 ピリ辛のソースにつけていただきます。
 また、お好みでカラシもどうぞ。

 アツアツで、とってもおいしかったです!
 でも、アツアツすぎて、口の中、やけどだらけ・・・
 私はその後、数日間、このやけどに苦しめられることになるのですが・・・。
 いやいや、それでも、んまかった!
 メニューを見ると、420円のお品だとか、太っ腹!

 続いて、お目当ての「豚軟骨鍋」
画像

 薩摩料理の「とんこつ」をアレンジした料理だそうです。
 お値段は2人前で3500円。
 けっこう甘めの赤味噌ベースのだしで煮込んであります。
 骨があれば出してください、とお皿が出されましたが、ポクポクとぜ~んぶ食べちゃいました

 最後はうどん(350円)を煮込んでシメ。
 雑炊セットというのもありましたが、お店の人に訊くと、うどんがオススメだそうです。

 JR九州のパンフレットには、「お客の7~8割が県外客という黒豚専門店」とあったので、地元の人が少ない店って、どうなのかなぁ~と思いましたが、おいしかったですヨ!
 ちなみに、福岡のリバレインにもお店があるそうです。

 お昼も夜も、お腹い~っぱい!
 それにしても、私たちの隣のテーブルにいた、若いおにーちゃん3人組は食べる、食べる・・・。
 私たちが席に着いたときには、すでに中盤に差しかかっていたんじゃないかと思いますが、豚軟骨鍋だけでなく、トンカツやら何やらテーブルに載っていました。
 彼らはそれでは飽き足らず、お店の人にかなり無理を言って、追加の軟骨をお願いしていました。
 若いって、すごいなぁ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック