あてどなく上海~アディダスを求めて・・・編

 ところで、上海宝大祥青少年児童購物中心に着いた時、私たち二人はショーウィンドーに釘付けになりました。

 そこにあったのは、でっかスニーカー!
 ぎんたは「ポスターやったろうが~。」と言っていますが、私の記憶では大きな模型だったんですがね~。
 どなたか、ご存知の方・・・は、ないですよね?


 どんなスニーカーかというと、靴底部分にちくわ状のチューブが使ってあるもの・・・分かりにくいので、現物の画像を・・・。 
画像

 靴底部分を大きく撮影してみると・・・。
画像


 なんでも、圧力が拡散するので、ねんざなどをしにくいらしいです。
 
 父が北京に行く前、スニーカーが欲しいと、大塔ジャスコのABCマートで購入したのと同タイプ。
 それじゃなくてもそそっかしくて、ねんざをしやすい私たち父娘。
 「3人とも、このスニーカーをはいたほうがいいんじゃないか?」という説もあったのですが、15,000円ぐらいしたので、とりあえず、必要としていた父だけが購入。

 ところが、ぎんたは、北京に着くなりねんざをし、痛いメに遭ってしまいました。
 そんなわけで、「やっぱり、帰ったらあのスニーカーを買おう!」と決めていたのですが、ABCマートに行った時にはすでに販売終了。
 ABCマート限定モデルで、今後販売予定はない、と言われ、くやしがったのが、約半年前のことでした。

 そのタイプのスニーカーに、なんと!上海で出会うとは!!
 私たちは吸い寄せられるように、子ども中心1階のアディダスコーナーへ。
 ・・・ある!ある!

 しかし、残念なことに、足のデカイぎんたに合う靴はありません。
 中国得意の「没有」攻撃に私たちは討死。
 その後、2日間、「アディダス」の看板を見つければ、店に飛び込む、ということをやりました。
 ・・・って4~5店舗ですけど・・・。

 最終的に、ホテルの近所のお店に、サイズがあったので、そこで購入。
 ハイカット気味なので、ぎんたとしてはびみょ~だったようですが、如何せん、サイズがない。
 一旦は保留にしたものの、最終日の朝イチで決めてきました。 
 
 お値段は、940元(=約15,040円 多分・・・)。
 日本価格とほぼ同じ。
 でも、手に入らないものが手に入ったと大喜びでした。

 それにしても、こんな値段のものが、ふつーに売られているのにびっくり!
 上海人って金持ちだなぁ~という印象を強くしたのでした。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック